Programs

小松サマースクールではその年のテーマに合わせて様々なプログラムを企画していますが、ここでは毎年開催されている【フォーラム・小松文化体験・セミナー】についてご紹介します。

フォーラム
普段出会うことのない大人との関わりの中にまだ見ぬ将来を描く

日々勉強や部活動に勤しみ、自分と向き合う時間がなかなか取りづらいのが高校生。フォーラムでは、多様な分野で活躍されている社会人をお招きし講演を行なっていただきます。人生の数ある曲がり角での選択や考え方を知ることにより、高校生は自分に落とし込んで将来のイメージを膨らませます。講演後には少人数で興味のある話をより深く聞き、身近なロールモデルとして設定するとともに自分が持つ無限の可能性に気づくことができます。貴重な大人との出会い、将来を真剣に考えるきっかけを提供します。

 

小松文化体験
小松に繰り出し、悠久の伝統文化を五感で感じる

受け身になりがちな座学だけではなく、体を存分に使って学ぶことができる時間です。「和菓子」「歌舞伎」「祭り」「ものづくり」「IT」といった、小松の誇る伝統文化を体験することで、日本らしさを再発見できるような企画を用意しています。小松で出会った仲間とともに一つのものを創り上げる喜び。小松に息づく文化や歴史、地域の方々の想いとの出会い。新しい気づきや発見が生まれること間違いなしの遊びあるひと時を。

 

セミナー
「対話」を軸にした少人数授業で、批判的思考を養う

セミナーでは、海外の大学生と日本の大学生がペアで学術的な授業を英語で教えます。しかし、セミナーはリベラルアーツ※の考えに基づいており、高校生5人と大学生2名で構成される少人数型となっています。そのため、大学生が一方的に高校生に講義をするというものではなく、高校生と大学生、そして高校生同士の「対話」を通して、互いに学びを深め合います。そして、学問的な知識を英語で身につけるだけではなく、学問的な議論を通して社会や自分に対する視野を広げることを目指します。例年、文系・理系を問わず、様々なセミナーが用意され、高校生たちは自分自身の興味に応じてその中から2つ授業を選択します。

※リベラル・アーツとは?
元々、ラテン語でリベラルは自由 “libertas” を、アーツ “ars” は学問や技術を意味し、「(奴隷身分でない)自由人にふさわしい学問・技術」という意味だったと言われています。現代では一般的に、専門教育と異なり、自らの学問領域にとらわれず様々な学問を学びながら批判的思考を身につける教育、いわゆる「教養教育」を意味します。

 

ハウス制度

仲間とともに暮らす、7日間。

サマースクール期間中、高校生5名、ハウスリーダー1名、セミナーリーダー1名、実行委員数名からなる「ハウス」と呼ばれるグループで過ごします。出身や年齢、性別、人種や民族が異なる人たちで構成されるハウスでプログラムや移動、食事など多くの時間を過ごすことで、様々な価値観との出会い、そして他者との深い対話を経験することができます。高校生にとってハウスは知的な刺激を受ける場であると共に、精神的なサポートの場ともなります。

 

よくあるご質問

 

【小松サマースクール2018の高校生参加者の募集は終了いたしました。】

 

  1. 海外在住ですが参加できますか?
    ー 応募資格を満たす方であれば、居住地・国籍に関係なくどなたでもご応募いただけます。
  2. サマースクールへの参加にあたってどの程度の英語力が求められますか?
    ー プログラム中のセミナーは基本的に英語で行われるので、一定のlistening/speaking能力が求められます。しかし英語力に自信がないとしても、バイリンガルの日本の大学生及び1年以上日本語を学んでいる海外の大学生が期間前から期間中までサポートします。積極的に英語で話したいという気持ちが一番大事です。
  3. 参加費には何が含まれていますか?他に必要な費用はありますか?
    ー 参加費には期間中の必要経費(全日程分の食事、交通費、宿泊費・保険)が含まれております。小松駅までの交通費は個人負担となります。その他、プログラムの運営に直接必要のないものは個人負担とさせていただきます。
  4. 説明会の開催予定はありますか?
    ー 今年の説明会は終了いたしました。ご質問があればkomatsu.ss.info[at]gmail.comまでご連絡ください。
  5. 現地集合・現地解散でしょうか。
    ー JR小松駅(もしくは周辺施設)にて集合・解散となります。小松空港をご利用の場合は空港と小松駅を結ぶ連絡バスをご利用ください。
  6. 県外からの参加を希望していますが、集合時間に間に合わない場合,前泊などの手配は可能ですか?
    ー 遠方からの参加者で前後泊が必要な方には個別でご相談に応じます。また各地からの交通手段についてもお問い合わせください。
  7. 病気になった場合の対応はどうなっていますか。
    ー 参加高校生が体調不良を起こした場合は常駐しているスタッフが病院にお連れします。また、参加費には保険加入費用も含まれます。
  8. ルール・規則はありますか?
    ー 参加者みんなが楽しく過ごせるよう、また安全で円滑なプログラム運営のために基本的な規則を設けさせていただいています。
  9. インターネットにアクセス出来ない場合、オンライン以外で書類を提出する方法はあるのでしょうか。
    ー 今年のサマースクールへの応募は終了いたしました。
  10. サマースクールに申し込み後、参加しなければいけない説明会などはありますか?
    ー いいえ、全員参加必須の集まりはございません。
  11. 持参すべきものがあれば教えてください。
    ー 参加が確定された方に送付するしおりに詳細が記載されております。基本は生活上に必須なものでございます。
  12. セミナーのときに、ノートパソコンを使いますか?
    ー セミナー講師はノートパソコンを使って授業を行う場合がありますが、参加高校生はパソコンを持参する必要はありません。
  13. Wi-Fiの接続はできますか?
    ー いいえ、 Wi-Fiの接続はできません。