What’s KSS

小松サマースクール(KSS)は、高校生向けの日英バイリンガルサマースクール。

毎年夏に石川県小松市で開催され、これまで200名を超える高校生がKSSから羽ばたいていきました。

サマースクールでは、日本や海外から集まる高校生・大学生と共に1週間を過ごし、自分の新たな一面を発見して将来について想いを馳せるきっかけを提供します。

 

KSSは主に4つのプログラムから構成されています。

・海外の大学生からリベラルアーツの授業を英語で受けるセミナー
・日本、世界を舞台に、様々な分野で活躍される社会人の方を講師としてお招きし、自身のこれまでの人生の歩み、考えなどのお話を伺うフォーラム
・歌舞伎メイク体験や、九谷焼の絵付けなど、小松市に根付く伝統文化、地域の方がとの出会いを提供する小松市内探索
・国連大学 サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーションユニット(UNU-IAS-OUIK)共催で行う、SDGs企画

小松市は、木場潟や日本遺産に指定された石の文化などの自然豊かな環境、歌舞伎をはじめとする伝統工芸、KOMATSUなどに代表される工業など、長い歴史の中で自然、伝統、工業が今日まで守られ、そして発展してきました。

さらに、小松市は国境を越えた国際交流の推進を積極的に行なっており、世界の様々な都市との交流事業を展開するなど、異文化理解もさかんな土地。

そんなのびのびと学ぶことができる環境の中で、様々なバックグランドをもった高校生参加者、大学生スタッフ、社会人の方が小松市に集結し、小松サマースクールは開催されるのです。